おだ歯科医院スタッフブログStaff blog

おだ歯科医院

  • 2021/10/11
  • コラム

歯周病のサインとは…?

10月だというのに暑い日が続いていますが、やっと朝晩には秋を感じられるようになりました。
さて、皆さん歯茎から出血されたことってありますか?

歯茎から出る血は実は歯周病の重要なサインなんです。
出血は歯ブラシで出来た傷ということはほとんどなく(歯ブラシは柔らかいですからね)
歯茎の組織が歯周病菌と戦い体を守ろうとした結果によるものです。
そして【出血】を放置していると歯周病が進行し、歯を支えてる骨が溶かされます…!

では、歯周病になってしまったらどうすればいいかというと、とにかく「お口の中歯周病菌を減らす」こと。
実は皆さんのお口には、歯周病菌が大量に生息している場所があります…(怖)
それが、歯石です!
歯科で歯石取りをしているのは、「汚れ」だからではなく歯周病の治療や予防のため。そしてこの歯石は歯科医院でしか取り除くことは
できません。

しかし、歯石を取るだけでは根本的な解決はできません。なぜなら歯周病菌は放っておくと、(2日磨き残しがあるとすぐ歯石になります)
すぐに何十億、何百億と繁殖してしまうからです。そこで重要なのが常に細菌を増やさないようにすること。
そう、皆さんの「毎日の正しいケア」です。このように、歯周病は歯科医院と患者さんとの二人三脚で治療をしていきます!

さぁ、大分怖いことをたくさん言いましたが、出血が続くようなら今すぐ歯科医院へ!


一覧に戻る一覧に戻る

オススメの記事

TEL0798-37-0362