おだ歯科医院スタッフブログStaff blog

おだ歯科医院

  • 2020/03/11
  • コラム

「治療」よりも「予防」がお口の健康を守ります

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは早期発見・早期治療ができれば身体的なダメージも抑えることができます。またどちらもその仕組みがわかっているので毎日の適切なセルフケアと定期的な歯科医院でのケアを行うことで予防が可能です。お口の健康のためには病気にかかってしまってからの「治療」より、未然に防ぐ「予防」が有効です。

「予防」の意識が大切です

これまで歯医者さんには、「治療のために通う」というのが当たり前でした。しかし病気にかからないことこそ、本当の意味でお口の健康を守ることに繋がります。「歯が痛くなってから」では遅いのです。「治療」では症状を良くすることはできますが、真の意味で歯を元に戻すことはできません。残念ながら天然歯に勝るものはないのです。

普段の生活でできること

細菌の感染がおもな原因の虫歯や歯周病は、ご自宅での毎日のセルフケアと歯科医院での徹底的なケアによって予防できます。大切なのは健康な口腔内環境を維持するという予防の意識をつねに持つことです。正しい口腔ケアについての知識を深めましょう。

治療後のメインテナンスも大切です

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。治療が終わったら、その口腔内環境を維持するために、毎日のケアと定期検診を活用しましょう。メインテナンスの意識を持ち、しっかりケアすることでいつまでもご自分の歯を健康に保つことができるのです。

予防処置メニュー

定期検診

自分ではなかなか気づかないお口の変化。定期検診では、お口のプロである歯科医師や歯科衛生士がしっかりとチェックしますので、虫歯や歯周病にかかってしまっていたとしても早期発見・早期治療につながります。

ブラッシング指導

毎日のブラッシングはお口のトラブル予防の基本です。しかし、お口の状態は患者様により異なります。それぞれに合ったブラッシング方法をアドバイスしますので、毎日のケアに役立ててください。

フッ素塗布

歯質を強化し、歯の再石灰化を促す効果のあるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。フッ素には細菌の繁殖を抑える働きが期待できるので、虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専用の器具を使って行う歯のクリーニングのことです。普段のブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を徹底的に落とします。歯のちょっとした色素沈着も落とすことができ、口臭の軽減にもつながります。

一覧に戻る一覧に戻る

オススメの記事

TEL0798-37-0362